「DRAFT 宮田識 仕事の流儀」刊行


 
「日経デザイン」で2014年にスタートした、「DRAFT 宮田識 仕事の流儀」。この度、その30回にもわたる連載が、単行本として刊行されました。「仕事に対する姿勢や考え方=仕事の流儀」として、具体的な事例を取り上げながら、わかりやすく印象的な宮田の言葉とともに伝えられています。
 
書店などで見かけられたらぜひ、手にとってご覧になってみてください。
 
そして、2月21日には、刊行を記念して、青山ブックセンターにて トークショーをおこないます。
ふるって、ご参加ください。
 
日時:2017年2月21日(火)
時間:19:00~20:00(トークショー)/20:00~20:30(質疑応答)
出演:宮田識 花澤裕二(日経デザイン編集長)
場所:青山ブックセンター本店
料金:1,080円(税込)
 
参加については、青山ブックセンターウェブサイトよりご予約を受け付けております。
 

 
『DRAFT 宮田識 仕事の流儀』(日経BP社)刊行記念トークショー
「プロフェッショナルとしてのデザイナー」とは
 
人々を幸せにし、世の中の役に立つ商品やブランドをつくり、世の中に送り出す手伝いをする。そんな素敵な職業がデザイナーです。世の中のあらゆるものに関わっている。デザインなしに成立するものはありません。
「だからこそ、デザイナーはもっとプロフェッショナルにならなければいけない」。数多くの企業、商品のブランディングを手がけてきたDRAFT代表の宮田識さんは、そう言います。
このトークショーでは、「デザイナーとして成長するためには」「クライアントと良い関係を築くには」「自分らしさを出すには」など、宮田さんが考える“デザイナーとして忘れてはならない大切なこと”をお聞きします。
キリンビバレッジやD-BROSをはじめ、宮田さんがこれまで手掛けてきたさまざまな具体例を交えながら、時間の許す限り、宮田さんの『仕事の流儀』に迫ります。
 
聞き手:花澤裕二(日経デザイン編集長)
 
http://www.aoyamabc.jp/event/33632/