ブレーン5月号 特集扉デザイン 担当


 
ブレーン5月号(4月1日発売号)
特集 「長く愛されるキャラクターの作り方」の扉をアートディレクターの飯田郁が担当しました。


 
特集の企画趣旨は、

「かつて企業にとって、キャラクターとは主にパッケージや販促プロモーションの中で活用するものだったが、近年、その存在感は大きくなっている。時には企業の顔とも言える存在感を発揮し、企業と生活者のコミュニケーションの接点として活躍するキャラクターも登場している。本特集では、現在コミュニケーションの中で活躍されるキャラクターがどのような目的で生まれ、どのようにコミュニケーション活動で活用されているのか。そのケースと共に、これからのキャラクターのあり方を探る。」
 
これに則って「キャラクター誕生」の瞬間をイメージして作ったものです。
 
冒頭の「クリエイターズアンケート」という企画にも回答を掲載しているので、
合わせてご覧いただけると嬉しいです。
 
https://www.sendenkaigi.com/books/brain/